蓮香寺

     

当山は、光明山崇要院蓮香寺と称し、京都の知恩院を総本山とする末寺です。南北朝時代の貞治6年(1367)に、川中島原の西畑沖に創建され、その後安土桃山時代の慶長元年(1596)に現在の地に移転再建されました。平成10年(1998)長野オリンピックでは、当山をドイツチームのゲストハウスとして貸与し、多くの選手・役員・報道関係者が利用し、国際親善に努めたということで、浄土宗門主から感謝状をいただきました。ドイツ連邦共和国からも功労勲章をいただき、境内には、「長野オリンピックゲストハウス記念碑」を建立しました。

 
     

更新履歴

寺報光明198号を更新しました
寺報光明197号を更新しました
寺報光明196号を更新しました
寺報光明195号を更新しました
寺報光明194号を更新しました
寺報光明193号を更新しました
年間行事を更新しました
寺報光明192号を更新しました
寺報光明191号を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
サイトをリニューアルしました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました
寺報光明を更新しました

page top